お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【老年】高齢者に投与される薬と副作用の組合せで正しいのはどれか。

【老年】高齢者に投与される薬と副作用の組合せで正しいのはどれか。

  1. β遮断薬ー消化性潰瘍

  2. 抗パーキンソン薬ー徐脈

  3. 非ステロイド性抗炎症薬ー不随意運動

  4. ベンゾジアゼピン系睡眠薬ー筋弛緩作用

―――以下解答―――









(解答)4  

<解説>

1.(×)β遮断薬では、交感神経の働きを抑制するため、徐脈や心不全を起こしやすい。

2.(×)抗パーキンソン薬であるレボドパは、末梢性副作用として消化器症状、中枢性副作用として不随意運動などの症状を呈する。

3.(×)非ステロイド性抗炎症薬は胃粘膜保護作用が阻害され、消化管出血をきたす。

4.(○)ベンゾジアゼピン系睡眠薬は運動失調や筋弛緩作用による転倒が起こりやすい。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ