お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2008年度(第97回)看護師国家試験 過去問題 午後58

Kango

【老年】80歳の男性。78歳の妻と2人暮らし。共働きの長男夫婦が隣町に在住している。妻は軽度の認知症であるが日常生活は自立している。男性は1日30分程度の妻との散歩を日課にしている。商店街で買い物の途中、急いで帰宅しようとして急に胸が締め付けられるような痛みと冷汗が出現し失神した。病院に搬送され急性心筋梗塞と診断された。搬送時の意識は清明。緊急に経皮的冠状動脈形成術(PTCA)を受けることになり、駆けつけた長男とともに医師から治療の説明を受けた。

緊急手術に向けた援助で適切なのはどれか。

  1. 水分摂取を促す。

  2. トイレに誘導する。

  3. 手術への理解を確認する。

  4. シャワー浴を介助する。

―――以下解答―――









(解答)3  

<解説>

1.(×)緊急手術の前なので、水分摂取については医師に確認する。

2.(×)心臓への負担が考えられるため禁忌である。

3.(○)突然の発症と緊急手術であるため、動揺していることが予測される。手術・治療についての理解を確認し、理解不足であると判断されたら補足説明を行う。

4.(×)心臓への負担がかかるため禁忌である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ