お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【老年】72歳の女性。数日前から猛暑日が続き…

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【老年】72歳の女性。数日前から猛暑日が続き,蒸し暑い部屋で1日中扇風機をかけて過ごしていた。活気がなくなり,倦怠感が強く食欲が低下,会話も少なくなった。最も考えられるのはどれか。

1.脱水

2.虫垂炎

3.転換性障害

4.頭蓋内圧亢進

―――以下解答―――









(解答) 1 

<解説>

1.(○)脱水を引き起こしやすい環境(猛暑、蒸し暑さ、1日中扇風機をかけていた)にあり、脱水の症状のひとつである全身倦怠感を経験していることから、脱水の可能性が高い。

2.(×)虫垂炎では、上腹部痛や、数時間後の右下腹部の限局性疼痛がみられる。

3.(×)転換性障害とは、随意運動機能または感覚機能の一時的な障害であり、突然手足が動かなくなったり、声が聞こえなくなったり、眼が見えなくなったりする。

4.(×)頭蓋内圧亢進症状には、悪心・嘔吐、頭痛、うっ血乳頭などがある。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策