お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2007年度(第96回)看護師国家試験 過去問題 午後63

Kango

【老年】Aさん、92歳の男性。身長178cm、体重50kg。1年前から寝たきり状態で、82歳の妻と長男夫婦と同居している。食事はむせがあるが全介助で摂取できる。排せつは尿便にともになく、おむつを使用している。介護は妻が1人で行っている。最近急に活気がなくなり、食事量が減少し、下痢が続いたため入院した。食事摂取量が増加し、踵部は表皮剥離の状態である。症状も改善し退院が予定されている。

褥瘡の悪化を防ぐための妻への指導で最も適切なのはどれか。

  1. 日光浴を勧める。

  2. 踵部に円坐をあてる。

  3. エアーマットを使用する。

  4. 踵部のマッサージをする。

―――以下解答―――









(解答)3  

<解説>

1.(×)褥瘡部は適度な湿潤を保つことが治癒を促すため、日光浴は適切ではない。

2.(×)円座の使用は褥瘡周囲の血液循環を障害し、褥瘡の治癒を遅延させる。

3.(○)エアーマットは体圧の分散を促すため、適切である。

4.(×)褥瘡部のマッサージは組織のずれを発生させ、損傷部を悪化させるので禁忌である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策