お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2007年度(第96回)看護師国家試験 過去問題 午後59

【老年】Aさん、85歳の女性。2か月前から食欲不振と4kgの体重減少があり来院した。胃癌と診断され手術目的で入院した。1人暮らしで日常生活は自立している。身長148cm、体重38kg。中心静脈カテーテルが挿入され、3日後に全身麻酔での手術が予定されている。Aさんは幽門側胃切除術を受けた。中心静脈カテーテルの他に経鼻胃管と膀胱留置カテーテルが挿入されている。術後1日、Aさんは抜いた膀胱留置カテーテルを手に持ってベッドサイドに立っていた。「息子が泣いているから家に帰る」と寝衣を着替えようとしている。

Aさんの状況はどれか。

  1. 心気症

  2. 感情失禁

  3. うつ状態

  4. 術後せん妄

―――以下解答―――









(解答)4  

<解説>

1.(×)心気症とは、何か病気にかかっているのではないかと思いこみ、それを訴え続けることをいう。

2.(×)感情失禁とは些細な刺激で泣いたり笑ったり、怒ったりする状態である。

3.(×)うつ状態とはすべてのことにやる気が起きなくなったり、不安を抱いたりする状態である。

4.(○)術後せん妄とは、術後の慣れない環境や身体的な苦痛から誘発される一過性の意識レベルの低下と認知障害である。興奮、幻覚、幻聴、注意散漫などがみられることが多い。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ