お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2007年度(第96回)看護師国家試験 過去問題 午後60

【老年】Aさん、85歳の女性。2か月前から食欲不振と4kgの体重減少があり来院した。胃癌と診断され手術目的で入院した。1人暮らしで日常生活は自立している。身長148cm、体重38kg。中心静脈カテーテルが挿入され、3日後に全身麻酔での手術が予定されている。順調に経過し、食事は5分粥6回食になった。Aさんは5日後に退院予定だが、「病院にいる間はいいけど、これから食事を作るのが大変そう」と話している。

退院時の食事指導で適切なのはどれか。

  1. 退院直後に1日3回食とする。

  2. 食事の献立例を一緒に考える。

  3. 繊維質の多い食品を摂取する。

  4. 食べる早さは気にしなくてよい。

―――以下解答―――









(解答)2  

<解説>

1.(×)胃の容積が小さくなっているため、1日5回~6回の分割食にする。

2.(○)Aさんは術後の食事のイメージが持てずに不安を訴えているため、食事の献立例を一緒に考え、Aさんが食事に対して安心感をもてるように関わる。

3.(×)脂肪分や繊維質の多いものは胃への負担になるため避ける。

4.(×)早食いは消化不良やダンピング症候群を誘発するため避ける。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ