お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【老年】成年後見制度で正しいのはどれか。

Kango

【老年】成年後見制度で正しいのはどれか。

  1. 法定後見人は、都道府県知事が選任する。

  2. 任意後見人とは、家族が後見人になる場合を指す。

  3. 成年後見人は、財産管理などの法律行為を支援する。

  4. 日常生活自立支援事業の一部として位置付られる。

―――以下解答―――









(解答)3  

<解説>

1.(×)成年後見人は、家庭裁判所が選任する。

2.(×)任意後見人とは、本人が将来に備えてあらかじめ決めておく後見人のことで、家族とは限らない。

3.(○)成年後見人は、本人にかわって財産管理などの法律行為を支援する。

4.(×)日常生活自立支援事業とは、判断力が不十分な方が地域において自立した生活が送れるよう、利用者との契約に基づき、福祉サービスの利用援助等を行う事業であるが、成年後見制度とは異なる事業である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ