お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2011年度(第100回)看護師国家試験 過去問題 午前107

Kango

【老年】Aさん(73歳、女性)は、動悸の精密検査の目的で入院した。心電図や血液検査などで異常所見はなかったが、Aさんは全身倦怠感、食欲不振、腰痛、便秘などを訴え続け、薬物療法を行っているが症状は改善していないという。日中はぼんやりと過ごしており「心臓がドキドキして、ハッと朝早く目が覚め、死ぬんじゃないかと思い、その後眠れなくなる」と言う。Aさんは、夜、寝る前に「入院しているのに治らない。こんなはずではなかった。ここにいても仕方がない」と看護師に訴えた。

このときの看護師の対応で最も適切なのはどれか。

  1. 「薬が効くまでの我慢ですよ」

  2. 「治っているように見えますよ」

  3. 「治らないと感じるのはつらいですね」

  4. 「治っていないことを医師に相談しますか」

―――以下解答―――









(解答)3  

<解説>

1.(×)「入院しているのに治らない」というAさんの訴えを受け止めた対応ではない。

2.(×)Aさんの「治らない」という訴えを否定する対応である。

3.(○)Aさんの「治らない」という辛さを受け止めた対応である。

4.(×)Aさんの「治らない」という辛さを受け止めたうえでの発言ならよい。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ