お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【老年】パーキンソン病患者がすくみ足を軽減させる練習をするときに、看護師が行う助言で適切なのはどれか。

【老年】パーキンソン病患者がすくみ足を軽減させる練習をするときに、看護師が行う助言で適切なのはどれか。

  1. 歩行器を使うよう勧める。

  2. メトロノームを使うよう勧める。

  3. 補助者と手をつないで歩くよう勧める。

  4. 歩行時はかかとから足をつくよう勧める。

―――以下解答―――









(解答)2  

<解説>

1.(×)歩行器を使うと転倒を防ぐことはできるが、すくみ足を軽減させることはできない。

2.(○)リズムや音楽に合わせたり、歩幅の目印に沿ったりして歩くことを勧める。

3.(×)補助者と手をつなぐことは、姿勢を安定させるうえで役立つが、すくみ足を軽減させることはできない。

4.(×)かかとから歩行することは歩容の安定に役立つが、すくみ足を軽減させることはできない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ