お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【老年】Aさん(84歳、女性)は大腿骨頸部骨折で入院した。何度か転倒したことがあり、「食事後、立ち上がるとめまいがし、ふらついてしまう」と言う、Aさんの転倒の原因を検討するために、筋力と使用している薬剤とを確認した。他に把握すべき情報として優先度が高いのはどれか。

Kango

【老年】Aさん(84歳、女性)は大腿骨頸部骨折で入院した。何度か転倒したことがあり、「食事後、立ち上がるとめまいがし、ふらついてしまう」と言う、Aさんの転倒の原因を検討するために、筋力と使用している薬剤とを確認した。

他に把握すべき情報として優先度が高いのはどれか。

  1. 視力

  2. 血圧

  3. 呼吸状態

  4. 足背動脈の触知の左右差

―――以下解答―――









(解答)2  

<解説>

1.(×)めまい、ふらつきに視力が関係しているとは考えにくい。

2.(○)起立性低血圧の可能性があるため、血圧やその変動を把握する必要がある。

3.(×)めまい、ふらつきに呼吸状態が関係しているとは考えにくい。

4.(×)若い女性に多い大動脈炎症候群では、大動脈の炎症によって血管内腔が狭くなり、意識障害や上肢の血圧の左右差、上肢の脈拍触知の左右差みられる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ