お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2011年度(第100回)看護師国家試験 過去問題 午後101

【老年】Aさん(74歳、男性)は、強い下腹部痛のため救急車で搬入された。Aさんは顔面蒼白で、冷汗をかき、腹部を押さえている。一緒に来た妻は、「夫はいつも尿が出にくい。夜は、3回はトイレに行くのに、昨夜は行かなかった。今朝もポタポタとしか出なかった。便秘はしていない」と話した。Aさんは4年前に脳梗塞になり、重い構音障害があるが理解力に問題はなく、身の回りのことは全部自分でできている。搬入時のAさんは、看護師と視線を合わせることができ、問いかけにはうなずきで答えている。処置を終えたAさんは、治療のため入院した。

Aさんとコミュニケーションをとるうえで適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. 筆談用の文房具を準備する。

  2. 理解を助ける絵カードを準備する。

  3. 構音の間違いを直して練習させる。

  4. 補聴器や眼鏡の使用状況を妻に確認する。

  5. 問いかけはopen-ended question(開かれた質問)にする。

―――以下解答―――









(解答)1,4  

<解説>

1.(○)構音障害があることから、筆談は適切である。

2.(×)Aさんは理解力には問題がない。

3.(×)構音障害を治そうとしても限界があり、Aさんにとってストレスとなる。

4.(○)74歳という年齢から、聴覚や視力を補うための方法を用いているかを確認する。

5.(×)構音障害があることから、「はい」「いいえ」で解答できる「閉じられた質問」を主体とする。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ