【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2011年度(第100回)看護師国家試験 過去問題 午後103

【老年】Aさん(80歳、女性)は、数年前から腰痛に悩まされ、腰部脊柱管狭窄症と診断されている。他に疾患はない。ADLは自立しているが、歩くと腰が痛むため活動は控えがちである。Aさんは夫と死別して1人で暮らしている。娘が1人いるが子育てのため、娘は毎日は手伝いに来られない。

Aさんにみられるその他の症状として可能性が高いのはどれか。

  1. 突進歩行

  2. 間欠跛行

  3. 膝蓋腱反射の亢進

  4. 膝関節の可動域制限

―――以下解答―――









(解答)2  

<解説>

1.(×)突進歩行はパーキンソン病にみられる症状である。

2.(○)間欠跛行とは、歩行中に下肢の疼痛やしびれを感じ、休息によって症状が軽減して再び運動が可能となることをいう。腰部脊柱管狭窄症に特徴的な症状である。

3.(×)膝蓋腱反射の亢進は、中枢神経の障害などで出現する。

4.(×)膝関節の可動域制限は、変形性膝関節症などにみられる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ