お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2011年度(第100回)看護師国家試験 過去問題 午後105

【老年】Aさん(80歳、女性)は、数年前から腰痛に悩まされ、腰部脊柱管狭窄症と診断されている。他に疾患はない。ADLは自立しているが、歩くと腰が痛むため活動は控えがちである。Aさんは夫と死別して1人で暮らしている。娘が1人いるが子育てのため、娘は毎日は手伝いに来られない。Aさんの腰痛は治療で改善し、外出や家事もできるようになった。Aさんの娘から「母ができるだけ自立して暮らし続けられるように、今何をしたらよいでしょうか」と外来看護師に相談があった。

Aさんの娘への外来看護師の助言で適切なのはどれか。

  1. 「娘さんが、毎日様子を見に来られてはいかがですか」

  2. 「車椅子が使えるように住宅を改修してはいかがですか」

  3. 「Aさんがなるべく外で楽しめる機会を持つといいですよ」

  4. 「家政婦さんを雇って、家事を手伝ってもらうといいですよ」

―――以下解答―――









(解答)3  

<解説>

1.(×)子育て中の娘が毎日Aさんの様子を見に行くのは困難である。

2.(×)AさんのADLは自立しているので、車いすや住宅改修の必要性は薄い。

3.(○)AさんのADLを維持して行くには、活動量を増やすことが大切である。Aさん自らが進んで外出し、楽しめる機会をつくっていくことが大切である。

4.(×)AさんのADLは自立しているので、家政婦に家事を手伝ってもらう必要性は薄い。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ