お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【老年】入院後5日が経過し、Aさんは病室内を歩くようになったが、腰痛を訴えている。看護師が検討すべき事項として適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【老年】Aさん(76歳、女性)は、夫と2人で暮らしている。これまで健康に生活しており、登山会への参加を趣味にしていた。3週間前に、散歩中に転び、殿部から腰背部にかけての痛みがあったが様子をみていた。Aさんは痛みのため臥床して過ごすことが多くなり、次第に足に力が入らず立ちあがりも困難になった。食事は夫が購入した弁当を残さず食べていた。2日前から1日中臥床するようになったため、夫の介助で受診し、腰椎圧迫骨折と診断され入院した。入院後5日が経過し、Aさんは病室内を歩くようになったが、腰痛を訴えている。

看護師が検討すべき事項として適切なのはどれか。

  1. 鎮痛薬の内服

  2. T字杖の使用

  3. 痛みのある間の臥床保持

  4. 就寝中のコルセット装着

―――以下解答―――









(解答)1  

<解説>

1.(○)疼痛をとり、ADLの拡大をはかり、筋力を維持することが重要である。

2.(×)T杖は、膝や股関節に痛みがある場合に用いる。

3.(×)痛みをコントロールして離床につなげることが大切である。

4.(×)コルセットは体幹を支持するものであり、就寝中に用いても効果はない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策