お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【老年】Aさん(78歳、女性)は、脳梗塞を発症し入院治療した後、回復期リハビリテーション病棟に転棟した…

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【老年】Aさん(78歳、女性)は、脳梗塞を発症し入院治療した後、回復期リハビリテーション病棟に転棟した。担当の理学療法士は、Aさんは早く自宅に帰りたいと熱心に歩行練習をしていると話していた。転棟後、1週を経過したころから、Aさんは疲労感を訴えて病室で臥床していることが多くなった。理学療法後の血圧と脈拍とに変動は見られない。肝機能と腎機能とに異常はない。Aさん、看護師および担当の理学療法士で検討する内容として最も適切なのはどれか。

1.運動強度の軽減

2.家事動作練習の追加

3.翌日の理学療法の中止

4.病棟での歩行回数の増加

―――以下解答―――









(解答) 1 

<解説>

1.(○)理学療法を頑張りすぎて疲労が蓄積してしまったと考えられる。運動強度を軽減する必要がある。

2.(×)疲労が蓄積しているため、これ以上の訓練は追加しない。

3.(×)負担のない程度で理学療法を継続することが大切である。

4.(×)病棟での歩行回数を減らす必要がある。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ