お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【老年】Aさんは症状が改善し、退院することになった…

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

Aさん(82歳、男性)は、4年前にAlzheimer(アルツハイマー)型認知症の診断を受けた。要介護4で、1年前からグループホームで生活している。高血圧症に対して持続性カルシウム拮抗薬を内服している。他に治療を必要とする疾患は認められない。1週前から夜はほとんど眠らず、居間のソファに腰かけたり、歩き回ったりする状態が続いている。昼間もベッドに横になることはない。食欲が低下してきたが、先月よりも体重は2kg増加している。Aさんは廊下でうずくまっているところを発見された。肩呼吸をしており、四肢に冷感があり下肢の浮腫が強く、直ちに救急車で病院に搬送され、治療を受けて症状は軽快した。

Aさんは症状が改善し、退院することになった。病棟看護師がグループホームの職員と家族とに指導すべき内容として最も適切なのはどれか。

  1. 「深呼吸を練習させてください」

  2. 「足のむくみを観察してください」

  3. 「蛋白質の少ない食事にしてください」

  4. 「水分を1日1,500ml以上摂らせてください」

―――以下解答―――









(解答)2  

<解説>

1.(×)心不全による呼吸困難は、深呼吸では改善しない。

2.(○)心不全の症状として、むくみや呼吸困難がある。

3.(×)蛋白質が不足すると浮腫が悪化する。

4.(×)水分の過剰摂取は浮腫を悪化させる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策