お気に入りに登録

【連載】ケースで考えよう!看護倫理レッスン

【看護倫理・事例】第13回<問題編>抑制をすべきか悩んだケース

解説 児玉美由紀

北里大学病院 がん看護専門看護師

解説 高野春美

北里大学病院 8B病棟 係長

解説 青柳明子

北里大学病院 科長

日々の看護のなかに意外に多く潜んでいる倫理的問題。それらの解決のためには、まず、倫理的な違和感に気づくセンスが大切です。
今回は、患者さんの個人情報の保護と共有に関するケースをもとに、センスを磨く練習をしてみましょう。


今回の患者さん

  1. 古川正夫さん(仮名) 
  2. 60 歳代 
  3. 男性
  4. 進行がん、肺転移

古川さんは、右殿部から下肢にかけての疼痛があり、検査と療養を目的に入院しました。
その後、進行性の悪性腫瘍と肺転移が見つかり、古川さんと家族にはインフォームドコンセントが行われました。

病状は徐々に悪化して疼痛と浮腫が増強し、長時間の座位や長距離の歩行が困難になりました。

看護師は転倒を防止するため、ベッドから移動するときや、手の届かないものを取るときは、ナースコールを押してもらえるように、その必要性を説明する「ナースコールオリエンテーション」を繰り返し実施しました。

しかし、古川さんはナースコールを押さずに、夜間一人でトイレに行こうとして、部屋の前で転倒してしまいました。

>> 続きを読む
ページトップへ