【連載】基礎からまなぶ血液ガス

動脈血液ガスと静脈血液ガスの違い

解説 飯野 靖彦(いいの やすひこ)

日本医科大学名誉教授

4ba7ae421b8365c053469a5aa768504c111111111111

動脈血液ガスと静脈血液ガスの違いについて解説します。


動脈血と静脈血の違い

血液ガスには、動脈血液ガスと静脈血液ガスがあり、一般的に検査で実施されるのは動脈血液ガス分析です(静脈血液ガスを測定する病院もあります。米国では外来検査で静脈血液ガスを測定します)。

動脈血液ガスと静脈血液ガスの違いはその成分にありますが、ここで、まず血液の循環についておさらいしておくことにしましょう。

肺でガス交換された酸素濃度の高い血液は、心臓から各組織に送られます。

そこで毛細血管から酸素が細胞へと取り込まれ、細胞からは代謝産物であるCO2が血液に放出されます。

酸素量が減少し、CO2が増加した血液は心臓へ戻り、再び肺に運ばれて肺胞でガス交換が行われます。

このときの心臓から各組織に送り出される血液が動脈、細胞レベルでのガス交換後に心臓へ戻るのが静脈です。

動脈血と静脈血の違い

次ページは「動脈血と静脈血での基準値の差」「静脈血でも血液ガス分析はできる」について解説します。