お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】初めて採血を体験する4歳児。看護師が児に検査の説明をする効果で最も期待できるのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】初めて採血を体験する4歳児。看護師が児に検査の説明をする効果で最も期待できるのはどれか。

1.主体的に検査に臨める。

2.1回で採血が終了する。

3.泣かないで検査を受ける。

4.医療者を嫌いにならない。

―――以下解答―――









(解答)1  

<解説>

これから受ける検査に対して、看護師があらかじめ何が起こるのかどのようにするのかなどを説明することで、子どもが心の準備をして検査に臨むことをプレパレーションという。子どもの不安や恐怖などを最小限にし、子ども自身の対処能力を高めることが期待できる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ