お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】出生体重3,500gの正期産児。生後4日目の状態で正常なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】出生体重3,500gの正期産児。生後4日目の状態で正常なのはどれか。

1.落葉現象

2.体重3,200g

3.大泉門の閉鎖

4.シーソー呼吸

―――以下解答―――









(解答)2  

<解説>

1.(×)落葉現象とは安静時、眼球が上から下に回転しているかのようにゆっくり動いたり、眼球だけ下方向回転がみられたりする状態をいう。落葉現象は水頭症など頭蓋内疾患に多くみられる。

2.(○)生後2~3日は生理的体重減少として5~10%の体重減少がみられる。

3.(×)大泉門の閉鎖は1歳半ころであり、生後4日目で閉鎖しているのは異常である。

4.(×)シーソー呼吸は努力呼吸の一つであり、呼吸状態の悪化を示すものである。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ