お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】11歳の女児。2週前から夜尿が出現していた。本日登校中に倒れ搬送された...

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】11歳の女児。2週前から夜尿が出現していた。本日登校中に倒れ搬送された。特記すべき既往歴はない。体温37.8℃、脈拍数100/分、呼吸数32/分。採血の結果、血糖値600mg/dl、代謝性アシドーシスが認められ、1型糖尿病の疑いで入院した。

患児に出現する可能性が低いのはどれか。

1.倦怠感

2.浮腫

3.多飲

4.多尿

―――以下解答―――









(解答)2  

<解説>

1.(×)絶対的なインスリン不足により、筋肉や肝臓がエネルギー源としてのブドウ糖が利用できないために倦怠感が生じる。

2.(○)血糖が160~180mg/dl以上になると、糖が尿中に排泄されるようになり、それに水分も引っ張られて尿量が増加する(高浸透圧利尿)。その結果、高度の脱水を伴うようになるため浮腫は生じない。

3.(×)高浸透圧利尿で尿量が多くなるため、水をたくさん飲むようになる。

4.(×)高浸透圧利尿により尿量が増加する。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ