お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】改訂日本版デンバー式発達スクリーニング検査を用いた12か月児の発達評価で、標準よりも遅れているのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】改訂日本版デンバー式発達スクリーニング検査を用いた12か月児の発達評価で、標準よりも遅れているのはどれか。

1.独り立ちをしない。

2.独り歩きをしない。

3.つたい歩きをしない。

4.意味のある単語を言わない。

―――以下解答―――









(解答)3

<解説>

1.(×)「独り立ち」の通過率90%は13か月である。

2.(×)「独り歩き」の通過率90%は14か月である。

3.(○)「つたい歩き」の90%は11カ月である。12か月でつたい歩きをしない場合、標準よりも発達が遅れていると判断される。

4.(×)「意味のある単語を言う」の90%通過率は14か月である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策