お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】乳児が窒息を起こしやすい解剖学的特徴はどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

1.鼻腔の間隙が広い

2.気道の直径が小さい

3.喉頭蓋の位置が低い

4.口腔内での舌の割合が小さい。

―――以下解答―――









(解答)2

<解説>

1.(×)乳児は鼻腔の間隙が狭くしかも鼻呼吸をしているため、鼻汁や分泌物により鼻閉や窒息を起こしやすい。

2.(○)乳児は成人に比べ気道の直径が小さいため、わずかな狭窄でも閉塞症状が出現しやすい。

3.(×)乳児の喉頭蓋は高い位置にある。

4.(×)乳児は口腔内面積における舌の割合が大きいため、舌根沈下のときに窒息になりやすい。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策