お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】喘息発作のために救急外来に来院した小学生。喘鳴が著明で、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)は91%である。対応で適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】喘息発作のために救急外来に来院した小学生。喘鳴が著明で、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)は91%である。対応で適切なのはどれか。

1.会話を促す。

2.起座位にする。

3.水分摂取を促す。

4.胸式呼吸を行わせる。

―――以下解答―――









(解答)2

<解説>

1.(×)酸素飽和度が91%であることから低酸素血症に陥っている。会話を制限し、呼吸を優先するよう指導する必要がある。

2.(○)起座位になることによって横隔膜が下がり、肺容量や呼吸面積が広がるため有効である。

3.(×)水分摂取は、喀痰喀出を促すため必要だが、事例は喘息の大発作であり、低酸素血症に陥っていることから、経口的な摂取では苦痛が強い。輸液によって水分を補給する必要がある。

4.(×)胸式呼吸は換気効率が低い。腹式呼吸を行わせる方がよい。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策