お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】8か月児に散剤を経口与薬する方法で適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】8か月児に散剤を経口与薬する方法で適切なのはどれか。

1.糖水で練る。

2.ミルクに溶かす。

3.離乳食に入れる。

4.はちみつに混ぜる。

―――以下解答―――









(解答)1

<解説>

1.(○)少量の糖水で薬を練り、口腔内に塗りつけるようにする。

2.(×)ミルクに溶かすと味が変化して、ミルク嫌いになるおそれがある。また飲み残すと必要量の薬を服用できなかったことになる。

3.(×)偏食の原因になるので離乳食には混ぜない。

4.(×)生後1年未満の乳児がはちみつを摂取すると、腸内でボツリヌス菌が毒素を産生し、乳児ボツリヌス症を発症するおそれがある。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策