お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】溺水して意識のない小児への救急処置で適切でないのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】溺水して意識のない小児への救急処置で適切でないのはどれか。

1.呼吸の有無を確認する。

2.必要に応じて心臓マッサージを開始する。

3.水を吐かせる。

4.保温をする。

―――以下解答―――









(解答)3

<解説>

1.(×)呼吸の有無を確認し、まず気道を確保する。それでも呼吸がない場合には人工呼吸を開始する。

2.(×)刺激に反応せず、呼吸がなければ心停止の可能性が高い。心停止と判断したら直ちに心臓マッサージを開始する。

3.(○)意識のない患者に水を吐かせようとすると誤嚥する危険性がある。水を吐かせることよりも心肺蘇生を優先する。

4.(×)低体温になりやすいため身体の保温は重要である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ