お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】水痘罹患児で集団生活を休ませる期間はどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】水痘罹患児で集団生活を休ませる期間はどれか。

1.新たな水疱が生じなくなるまで

2.発疹が痂皮になるまで

3.咳嗽が消失するまで

4.解熱するまで

―――以下解答―――









(解答)2

<解説>

1.(×)新たな水疱がなくなるまでではなく、全ての皮疹が痂皮化するまで集団生活への出席は休ませる。

2.(○)皮疹出現2日前から全ての皮疹が痂皮化するまで感染力があるので、痂皮化がすむまで休ませる。

3.(×)症状としては少ないが咳嗽が続く場合には、肺炎などの合併症の可能性がある。

4.(×)軽度の発熱が前駆症状としてあらわれ、発熱とともに発疹が出現してくるため、発熱症状はまだ初期段階といえる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策