お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】乳児でIgG抗体量が最も少なくなる時期はどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】乳児でIgG抗体量が最も少なくなる時期はどれか。

1.生後0~2か月

2.生後3~6か月

3.生後7~9か月

4.生後10~12か月

―――以下解答―――









(解答)2

<解説>

1(×)胎盤経由で母親より胎児に伝えられ、出生時がピークである。

2(○)胎盤経由で母親より胎児に伝えられ、出生後6か月まで継続した後、消失する。

3(×)乳児期後半からは、感染によって乳児自身が抗体を産生する。

4(×)乳児期後半からは、感染によって乳児自身が抗体を産生する。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策