お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】在胎33週4日で出生した低出生体重児。正期産の成熟児との比較で誤っているのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】在胎33週4日で出生した低出生体重児。正期産の成熟児との比較で誤っているのはどれか。

1.吐乳しやすい。

2.皮下脂肪が少ない。

3.多呼吸を起こしやすい。

4.体重あたりの体表面積が小さい。

―――以下解答―――









(解答)4

<解説>

1(×)在胎34週以降であれば、経口哺乳が可能になるが、嚥下、吸啜機能が未熟なため吐乳しやすい。

2(×)早産、低出生体重による未熟性のため、皮下脂肪は少ない。

3(×)サーファクタントの産生は妊娠22~24週で開始するが、妊娠34週以前ではその産出量が不十分なため、サーファクタント欠乏による多呼吸が考えられる。

4(○)体重と比較て体表面積が大きいため、熱の喪失が大きい。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策