お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】4歳の男児。5日前から咳嗽と鼻汁とが出現し、食事摂取量が減っていた。髄膜炎の確定診断のため腰椎穿刺を行うこととなった。...

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】4歳の男児。5日前から咳嗽と鼻汁とが出現し、食事摂取量が減っていた。本日、起床時から機嫌が悪く 38.9℃の発熱がみられた。水分を与えようとしたところ突然全身がガクガクするけいれんを起こしたため、救急搬入された。 髄膜炎の確定診断のため腰椎穿刺を行うこととなった。

検査の介助を行う際の対応で適切なのはどれか。

1.男児に腹臥位になってもらう。

2.「痛くないから大丈夫」と説明する。

3.穿刺する前に「チクっとするよ」と声をかける。

4.穿刺時の抑制を家族に任せる。

―――以下解答―――









(解答)3

<解説>

1.(×)腹臥位は腰椎穿刺時の適切な体位ではない。

2.(×)4歳の小児に痛くないという事実と異なる説明をしてはいけない。今後の処置についての信頼を損なうおそれがある。

3.(○)処置前に、痛みを伴う処置である説明を行い理解してもらうことはスムーズに処置を勧める上でも重要である。

4.(×)腰椎穿刺時の体位保持は重要な看護行為であるため、家族に任せてはいけない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策