お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】在胎30週2日、1,580gで出生した児。出生後、NICUに搬入された。NICUではディべロップメンタルケアを...

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】在胎30週2日、1,580gで出生した児。出生後、NICUに搬入された。搬入時の体温36.6℃。呼吸数48/分。心拍数118/分。先天的な異常は認められず、シングルウォールの保育器に収容されることとなった。NICUではディべロップメンタルケアを中心とした看護を行うこととなった。

適切なのはどれか。

1.モニタ一音を下げる。

2.照明を明るくしておく。

3.母親の接触は最小限にする。

4.決まった時間に清潔ケアを行う。

―――以下解答―――









(解答)1

<解説>

1(○)早産児にはできるだけ胎内と同じ環境を整えることが必要であり、モニター音はストレスになるため下げる。

2(×)早産児にはできるだけ胎内と同じ環境を整えることが必要であり、子宮内のように、照明はできるだけおとす。

3(×)母親の声は胎内にいた時からずっと聞いていたものであり、精神的に安定するために必要である。

4(×)清拭は、児の状態に合わせて行うことが必要である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策