お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】在胎30週2日、1,580gで出生した児。出生後、NICUに搬入された。搬入時の体温36.6℃...

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】在胎30週2日、1,580gで出生した児。出生後、NICUに搬入された。搬入時の体温36.6℃。呼吸数48/分。心拍数118/分。先天的な異常は認められず、シングルウォールの保育器に収容されることとなった。

NICUにおけるこの児の受け入れ準備で適切なのはどれか。

1.酸素テントを用意する。

2.児専用の聴診器を用意する。

3.保育器内の湿度は30%程度とする。

4.保育器内の温度はあらかじめ30℃前後に温めておく。

―――以下解答―――









(解答)2

<解説>

1(×)保育器に収容するため、酸素テントは必要ない。

2(○)児は早産児、低出生体重児であり、感染予防のため個人聴診器を使用する。

3(×)児は30週で出生している早産児であり、湿度は50%に設定しておく。

4(×)児は30週で出生している早産児であり、保育器内の温度は子宮内と同様37度前後に設定しておく。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策