お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】Aくん、8歳の男児。夕方自転車で帰宅途中に転倒し、利き腕である右肘を強打した。...

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】Aくん、8歳の男児。夕方自転車で帰宅途中に転倒し、利き腕である右肘を強打した。疼痛、腫脹があり受診。単純エックス線撮影の結果、右上腕骨顆上骨折の診断を受け入院した。上腕から手関節までシーネを装着した。

観察で優先度が最も高いのはどれか。

1.知覚鈍麻

2.関節拘縮

3.出血量

4.かゆみ

―――以下解答―――









(解答)1

<解説>

1.(○)骨折による内出血やシーネ固定により、神経障害が出現する危険性がある。そのため手指の知覚鈍麻の有無を確認することは重要である。

2.(×)シーネを装着したばかりなので、拘縮の可能性は低い。

3.(×)開放性骨折ではないので、出血が起こっても、内出血になる。内出血の徴候は神経障害として現れる。

4.(×)シーネ装着によってかゆみが出現する場合があるが、観察の優先度は低い。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策