お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2011年度(第100回)看護師国家試験 過去問題 午前112

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】9歳のAちゃんは、2か月前から口渇、多飲および多尿があった。学校の健康診断で尿糖が陽性であったため、受診した。受診時の検査で、Aちゃんは、血糖398mg/dl(食後3時間経過)、HbA1C9.3%、動脈血pH7.40、尿糖4+、尿ケトン体+で、1型糖尿病の疑いで入院した。

Aちゃんのアセスメントで正しいのはどれか。2つ選べ。

1.高血糖

2.浸透圧利尿

3.腎機能の低下

4.ケトアシドーシス

5.グルカゴンの分泌低下

―――以下解答―――









(解答)1,2

<解説>

1.(○)血糖値が398mg/dlの高値を示している。

2.(○)血糖に体内の水分が引き寄せられ、腎臓に大量に運ばれて多尿になっている(浸透圧利尿)

3.(×)腎機能低下を示すデータはない。

4.(×)血糖が利用されないわかりに脂肪が利用され、老廃物として強酸のケトン体がつくられているが、血液のpHは正常であり、ケトアシドーシスではない。

5.(×)インスリンの分泌低下により、血糖が細胞に運ばれない状態にある。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ