お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】9歳のAちゃんは、2か月前から口渇、多飲および多尿があった。学校の健康診断で尿糖が陽性であったため、受診した。...

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】9歳のAちゃんは、2か月前から口渇、多飲および多尿があった。学校の健康診断で尿糖が陽性であったため、受診した。受診時の検査で、Aちゃんは、血糖398mg/dl(食後3時間経過)、HbA1C9.3%、動脈血pH7.40、尿糖4+、尿ケトン体+で、1型糖尿病の疑いで入院した。Aちゃんは1型糖尿病と診断され、インスリン注射4回法(朝・昼・夕に超速効型インスリン、就寝前に持続型インスリン)が開始された。

Aちゃんへのインスリン注射の指導で適切なのはどれか。

1.学校では注射をしない。

2.自己注射の習得を目指す。

3.毎回、同一部位に注射する。

4.注射は朝昼夕の食事の30分前に行う。

―――以下解答―――









(解答)2

<解説>

1.(×)1日4回の注射が必要なため、学校での注射も必要である。

2.(○)自己注射の習得を目指す。

3.(×)同一部位に注射すると皮膚に硬結ができ、インスリンが吸収されにくくなってしまう。

4.(×)超速効型インスリンは効果がすぐに現れるので、食事直前に注射する。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策