お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】Aくん(12歳、男子)は、5歳で気管支喘息と診断され、抗アレルギー薬の服用と副腎皮質ステロイドの吸入をしている。アレルゲンはハウスダストである...

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】Aくん(12歳、男子)は、5歳で気管支喘息と診断され、抗アレルギー薬の服用と副腎皮質ステロイドの吸入をしている。アレルゲンはハウスダストである。Aくんは小学校3年生までは、年に数回の中発作を起こし入院治療をしていた。その後は、月に1回の外来受診で症状はコントロールされ、入院することはなかった。小学校6年生の冬に学校で中発作を起こし、学校に迎えに来た母親とともに救急外来を受診した。

救急外来受診時のAくんの状態で考えられるのはどれか。

1.呼気の延長はない。

2.坐位になることを好む。

3.日常会話は普通にできる。

4.安静時の呼吸困難感はない。

5.経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)は90%である。

―――以下解答―――









(解答)3

<解説>

1.(×)喘息発作によって気管支が狭窄するので、呼気が延長する。

2.(○)中発作では呼吸困難を軽減させるため、児は自然に座位になる。

3.(×)中発作では日常会話は困難である。

4.(×)安静時も呼吸困難感がある。

5.(×)肺での酸素の取り込みが低下し、経皮的動脈血酸素飽和度は低下していると考えられるが、その値が90%かどうかは測定してみなければわからない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ