お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】Aちゃんは妹の誕生後、母親からなかなか離れないことが多くなっていたという。最近は、妹のおもちゃを取り上げ、...

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】Aちゃん(2歳10か月)は、両親と生後3か月の妹と4人で暮らしている。Aちゃんは、6日前に発熱および不定形の発疹が腹部と背部とに出現した。解熱薬の使用によって、体温は一時的に低下したが、再び上昇したので受診した。受診時、口唇の充血と乾燥とが著名で、眼球結膜の充血と四肢の硬性浮腫とがみられた。受診時の血液検査の結果は、CRP15.7mg/dl、AST(GOT)22IU/L、ALT(GPT)54IU/Lであった。Aちゃんは川崎病と診断され、入院した。アスピリンの内服とγ-グロブリンの点滴静脈内注射とが開始された。Aちゃんは妹の誕生後、母親からなかなか離れないことが多くなっていたという。最近は、妹のおもちゃを取り上げ、注意されるとすねて返さないことがあった。Aちゃんは排尿は自立していたが、入院後は失敗することが多くなった。

Aちゃんのアセスメントで適切なのはどれか。

1.退行現象がみられる。

2.自我同一性が確立している。

3.アタッチメントの形成が不良である。

4.感情をコントロールする能力の発達が遅れている。

―――以下解答―――









(解答)1

<解説>

1.(○)赤ちゃんがえり(退行現象)がみられる。

2.(×)自我同一性の確立は青年期の発達課題である。

3.(×)Aちゃんは妹に母をとられたと不安になっている。その前提には母親とのアタッチメントの形成がある。

4.(×)2歳ではそもそも感情のコントロールはできない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ