お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】Aちゃんの看護計画で適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】Aちゃん(生後3か月)は、体重2,850gで出生した。Aちゃんは出生直後から心雑音を認め、中等度の心室中隔欠損症と診断された。強心薬と利尿薬との内服で経過観察していた。昨日から喘鳴と哺乳力低下とがみられるようになり、心不全の治療のため入院となった。入院時、Aちゃんは体重5,050g、体温37.6℃、呼吸数52/分、発汗が著明である。チアノーゼはみられない。ミルクは約100mL/回を1日6、7回哺乳している。

Aちゃんの看護計画で適切なのはどれか。

1.1日2回沐浴する。

2.毎朝授乳前に体重測定をする。

3.啼泣時はミルクを追加して与える。

4.フォローアップミルクを飲ませる。

―――以下解答―――









(解答)2

<解説>

1.(×)沐浴は心臓への負担が大きいので、短時間で済ませるようにする。

2.(○)心不全による浮腫は体重増加として現れるため、体重測定は重要である。

3.(×)体重増加、哺乳量ともに許容範囲なので、ミルクを追加する必要はない。

4.(×)フォローアップミルクは離乳食で不足する栄養補給を目的として与える。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ