お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【母性】36歳の初産婦。専業主婦。妊娠30週2日。健康診査後「週末にひとりで友人の家に遊びに行き、一泊する予定です。新幹線で2時間くらいかかるので指定席をとるつもりです」という。保健指導で適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【母性】36歳の初産婦。専業主婦。妊娠30週2日。身長160cm、非妊時体重55kg、健康診査時、体重60kg、子宮底長26cm、腹囲80cm、血圧120/76mmHg、尿蛋白(-)、尿糖(-)、浮腫(-)、Hb10.5g/dl、Ht30.0%、胎児心拍数150bpmであった。健康診査後「週末にひとりで友人の家に遊びに行き、一泊する予定です。新幹線で2時間くらいかかるので指定席をとるつもりです」という。

保健指導で適切なのはどれか。

1.「取りやめたほうがいいでしょう」

2.「重い荷物は背負って移動するといいでしょう」

3.「ゆとりのあるスケジュールを計画しましょう」

4.「新幹線より高速バスを利用した方がいいでしょう」

―――以下解答―――









(解答)3

<解説>

1.(×)貧血以外に異常を示す症状はないため、旅行前に健診を受け、異常がなければ旅行をとりやめなくてよい。

2.(×)荷物はできるだけ少なくなるよう宅配便などを利用する。

3.(○)

4.(×)高速バスは新幹線よりも震動が激しいので避ける。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策