お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【母性】28歳の初産婦。妊娠36週5日。規則的な陣痛発来があり入院した。入院時診察では、...

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【母性】28歳の初産婦。妊娠36週5日。規則的な陣痛発来があり入院した。入院時診察では、子宮底長31cm、腹囲85cm。血圧130/74mmHg。尿蛋白(±)、尿糖(-)。分娩監視装置を40分装着した結果、5~6分間欠の陣痛がみられ、胎児心拍数基線は130bpmであった。帝王切開術後4時間。体温37.5℃。呼吸数18/分、脈拍数74/分。血圧128/74mmHg。尿流出量70ml/時。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)97%。子宮底の高さ臍上1指、血性悪露少量流出。創部痛がみられる。

この状態で最優先されるのはどれか。

1.体位変換を行う。

2.水分摂取を促す。

3.授乳を開始する。

4.尿量を医師に報告する。

―――以下解答―――










(解答)1

<解説>

1.(○)術後イレウスや深部静脈血栓症の予防のため、体位変換は必要である。

2.(×)水分摂取は手術翌日に腸蠕動音を確認したあとに開始される。

3.(×)帝王切開術の場合、身体回復と創部痛を考慮し、無理のない範囲で授乳を開始するべきである。

4.(×)帝王切開術後は、50ml/時の尿量が確保されている必要があるが、本事例の場合は75ml/時と正常である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策