お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【母性】30歳の経産婦。妊娠41週5日。規則的な陣痛が発来し、午前10時に入院した。入院時診察で、...

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【母性】30歳の経産婦。妊娠41週5日。規則的な陣痛が発来し、午前10時に入院した。入院時診察で、子宮底長32cm、腹囲88cm、血圧112/70mmHg、尿蛋白(-)、分娩監視装置を装着した結果、4~5分間欠の陣痛がみられ、胎児心拍基線は140bpmであった。午後1時、淡緑色の羊水の流出がみられた。

この時期に確認することで優先度が高いのはどれか。

1.排尿時間

2.胎児心拍数

3.羊水の流出量

4.陣痛発作時間

―――以下解答―――









(解答)2

<解説>

破水時には常に臍帯脱出の可能性と胎内環境の変化に伴う胎児の健康を確認する必要がある。事例では緑色の羊水がみられていることから、羊水が胎便で汚染されている可能性が考えられ、心拍数の確認は優先度が最も高い。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ