お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【母性】妊娠39週、体重3,100gで正常に出生した生後12時間の新生児。頭部から体幹にかけて皮膚の黄染がみられ、...

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【母性】妊娠39週、体重3,100gで正常に出生した生後12時間の新生児。体温36.8℃、心拍数144/分、呼吸数62/分。呼吸はやや不規則、肺雑音(-)、顔面に点状出血が少量見られる。おむつにはレンガ色のしみがみられる。日齢4日、体重2,950g、体温37.2℃、心拍数136/分、呼吸数45/分、頭部から体幹にかけて皮膚の黄染がみられ、血清ビリルビン値10mg/dl、排尿8回/日、排便4回/日、大泉門は平坦である。臍輪部に発赤はないがやや湿潤している。

児のアセスメントで適切なのはどれか。

1.正常経過である。

2.体重増加不良である。

3.臍部に感染徴候がみられる。

4.病的黄疸の徴候がみられる。

―――以下解答―――









(解答)1

<解説>

1.(○)バイタルサイン、大泉門の状態も正常である。

2.(×)新生児期には出生時体重に比べて3~10%の体重減少がみられる(生理的体重減少)。150gの減少は生理的体重減少の範囲である。

3.(×)臍部に発赤はなく、体温も平熱なので感染徴候はないと判断する。

4.(×)新生児の血清ビリルビン値の正常限界は15mg/dlである。この児の血清ビリルビン値は10mg/dlと正常範囲であり、病的黄疸ではない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策