お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【母性】妊娠39週、体重3,100gで正常に出生した生後12時間の新生児。体温36.8℃、心拍数144/分、呼吸数62/分。呼吸はやや不規則、肺雑音(-)、顔面に点状出血が少量見られる。おむつにはレンガ色のしみがみられる。児のアセスメントで最も注目すべき情報はどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【母性】妊娠39週、体重3,100gで正常に出生した生後12時間の新生児。体温36.8℃、心拍数144/分、呼吸数62/分。呼吸はやや不規則、肺雑音(-)、顔面に点状出血が少量見られる。おむつにはレンガ色のしみがみられる。児のアセスメントで最も注目すべき情報はどれか。

1.顔面の点状出血

2.呼吸数

3.呼吸の不規則性

4.おむつのレンガ色のしみ

―――以下解答―――









(解答)2

<解説>

1.(×)頭位分娩では、出産時に加わった圧のために頭や顔に点状出血をみることがあるが、時間の経過と共に消失する。

2.(○)新生児の呼吸数は40~50/分が正常である。62回は多呼吸である。

3.(×)新生児の呼吸は生後約24時間で腹式呼吸となり、安定する。生後12時間では呼吸が不規則でも異常とはいえない。

4.(×)新生児期には尿に尿酸結晶によるレンガ色の尿がみられる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ