お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【母性】32歳の初産婦。会社員。妊娠8週0日。身長160cm、体重50kg(非妊時53 kg)。食事の摂取方法に関する説明で適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【母性】32歳の初産婦。会社員。妊娠8週0日。身長160cm、体重50kg(非妊時53 kg)。「食べると気持ちが悪くなるので、妊娠前のようには食事がとれない。3食をとるようにがんばっているが、よく食べられたと思ったときに限ってその後に吐いてしまう」と話す。

食事の摂取方法に関する説明で適切なのはどれか。

1.少量ずつ食べる。

2.糖分を多くとる。

3.水分摂取は控える。

4.時間を決めて食べる。

5.サプリメントをとる。

―――以下解答―――









(解答)1

<解説>

1.(○)空腹は嘔気を誘発するが、多量摂取も嘔気を誘発するため少量ずつ摂取する。

2.(×)妊娠中はインスリン抵抗性状態になるため、糖の過剰摂取は耐糖能異常をきたす恐れがある。

3.(×)嘔吐による脱水を予防するため、水分摂取の制限はしない。

4.(×)つわりの症状は1日中続くため、症状が落ち着いているときに摂取する。

5.(×)妊娠初期のサプリメントは安全が確認できていない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ