お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【母性】流産で正しいのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【母性】流産で正しいのはどれか。

1.胎盤が完成された後の時期が多い。

2.妊娠12週未満に妊娠が中断した場合をいう。

3.切迫流産の主な症状は性器出血と下腹部痛である。

4.死亡胎児と付属物の一部とが子宮内に残存するのは稽留流産である。

―――以下解答―――









(解答)3

<解説>

1.(×)胎盤が完成される妊娠15週に満たない、妊娠12週未満の早期流産が圧倒的に多い。

2.(×)流産は妊娠12週未満の早期流産と、12週以降22週未満の後期流産に分けられる。

3.(○)切迫流産は流産への移行状態と考えられている。性器出血と下腹部痛を主症状とする。

4.(×)稽留流産とは、妊娠22週未満に胎児が子宮内で死亡しているにもかかわらず、出血などの流産の症状のないまま子宮内に停留している状態をいう。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ