お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【母性】血液型O型RH(D)陰性の経産婦。夫の血液型はA型RH(D)陽性である。妊婦の血液検査で最も留意する項目はどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【母性】血液型O型RH(D)陰性の経産婦。夫の血液型はA型RH(D)陽性である。妊婦の血液検査で最も留意する項目はどれか。

1.血色素量

2.血小板数

3.不規則抗体

4.総ビリルビン値

―――以下解答―――









(解答)3

<解説>

1.(×)血色素量は妊娠性貧血の診断に有用である。

2.(×)血小板数は出血傾向の診断に使用される。

3.(○)不規則抗体は血液型不適合妊娠の原因を調べるために実施される。

4.(×)総ビリルビン値は、溶血性貧血などで上昇する。妊婦ではなく血液型不適合の児の検査データとして重要である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ