お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【母性】Aさん、28歳の初産婦。妊娠26週2日。Aさんは「膝の裏の血管が膨らんで青く浮き出てきました。夕方になると足がとてもだるくなります」と...

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【母性】Aさん、28歳の初産婦。妊娠26週2日。事務の仕事をしている。身長154cm、非妊娠時体重51kg。健康診査時、体重59kg(2週間前から2.5kgの増加)。子宮底長23cm、腹囲78cm。血圧128/80mmHg。尿蛋白(-)、尿糖(±)。浮腫(-)。Hb11.2g/dl、Ht34.0%妊娠33週0日。妊娠診査の結果、体重61kg、子宮底長29cm、腹囲85cm。血圧120/76mmHg。尿蛋白(-)、尿糖(-)、浮腫(±)。Aさんは「膝の裏の血管が膨らんで青く浮き出てきました。夕方になると足がとてもだるくなります」と言う。

Aさんに必要なのはどれか。

1.体重を減らす。

2.下肢の冷罨法を行う。

3.終日安静臥床で過ごす。

4.弾性ストッキングを着用する。

―――以下解答―――









(解答)4

<解説>

1.(×)妊娠中の過度な体重増加は症状を悪化させるが、AさんのBMIは25.7で、肥満を示す28.0を超えておらず標準の範囲なので、体重を減らす必要はない。

2.(×)温罨法を行い、下肢の循環を改善させるのがよい。

3.(×)安静臥床の必要はなく、長時間の立位や歩行を避け、短時間でも足を高くして横になるように促す。

4.(○)弾性ストッキングは静脈還流を促進するのに効果的である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策