お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【母性】母乳栄養を希望する褥婦の退院指導で適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【母性】母乳栄養を希望する褥婦の退院指導で適切なのはどれか。

1.入浴時は石けんを用いて乳頭を洗う。

2.児が欲しがるときはいつでも授乳してよい。

3.体重増加量が30g/日以下の場合はミルクを足す。

4.授乳前の乳房緊満感がない場合は母乳不足である。

―――以下解答―――









(解答)2

<解説>

1.(×)乳頭のまわりにあるモントゴメリー腺から、皮膚を保護する物質が分泌されているので、石けんでは洗わないようにする。

2.(○)母乳栄養を確立させるためには、産褥早期からの児の欲求に合わせた自律哺乳が重要である。

3.4.(×)母乳不足は体重増加や乳房の緊満感など一つの要因だけでは判断できない。授乳時間や、排尿・排便量、児の機嫌などをもとに総合的に判断する。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策