お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【精神】強迫症状を持つ患者への看護で適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【精神】強迫症状を持つ患者への看護で適切なのはどれか。

1.症状の弊害について説明する。

2.気にしないように繰り返し話す。

3.症状の無意味さについて説明する。

4.不安や葛藤のつらさを受け止める。

―――以下解答―――









(解答)4

<解説>

1.(×)強迫症状を持つ患者は、強迫観念や強迫行動をわかっていても、止められないつらさがある。

2.(×)気にしないようにとわかっていても、強迫観念で苦しむので余計に患者を苦しめることになる。

3.(×)自分でも不合理だとわかっていても、止められないつらさがある。

4.(○)強迫観念や強迫行動を止められない葛藤や不安のつらさを、受け止めていくことが適切である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ