お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【母性】妊娠に伴う身体の変化で正しいのはどれか。2つ選べ。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【母性】妊娠に伴う身体の変化で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.腸蠕動の亢進

2.膣分泌物の減少

3.拡張期血圧の上昇

4.皮膚のそう痒感の増加

5.尿中への糖の排泄増加

―――以下解答―――









(解答)4,5

<解説>

1.(×)エストロゲンやプロゲステロンの作用で腸蠕動は低下し、便秘傾向になる。

2.(×)エストロゲンやプロゲステロンの影響で膣分泌物は増加する。

3.(×)拡張期血圧は低下する。

4.(○)ホルモン環境の変化により、皮膚が乾燥し、掻痒感が増す。

5.(○)妊娠時には胎盤でインスリンを拮抗するホルモンが産生されるため、血糖値が上昇しやすく、尿糖も出現しやすくなる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策